OUTDONE

英国車が没落するきっかけは1969年のHONDA CB750のデビューそして同車のDAYTONA200での勝利 からだと思われます。
その少し前からホンダがビックバイク市場に参戦するという情報は英国まで流れていたそうだが、事態を軽視したメーカーはたいして手を打たずに時代に取り残されていくわけです。
さて以前柄にも無く「ヨシムラ 50周年記念」のムック本を購入したのだが、巻末のヨシムラ関係のレースリザルトで71年デイトナ200ではBSAとトライアンフが表彰台を独占!しているのが確認できた。
当時兄弟会社のBSAとトライアンフは3気筒のレーサーを開発しており、これらには、あのヨシムラCB750さえもが後塵を拝したというのだから、英車党としては誇らしい話である。
でも、よーく読むとそのレースではリタイアするまでヨシムラ車が独走で、さらにその後にポップ吉村はあの世にも有名な ’集合管’ を発明するのですよ。 
こうなったら旧式OHV車の出る幕なんざどこにも無く、なおかつ会社もお家騒動で市販車さえろくに生産できない始末となり徐々に消滅していくわけです。 
切ないですねー、今後OHVバーチカルツインのエギゾーストサウンドを聴くときには諸行無常を感じてください。
f0042676_2357754.jpg


トライアンフ最後のど根性 トライデント750 フレームはロブノース。 
非力は軽さと低さでカバーだ! 

f0042676_23592929.jpg

ほんとに勝ってるでしょ!73年にはZ1が出てるから、もう駄目ダメ、、、、
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-04 00:13 | ETC
<< HARD TAIL SPEED METER >>