HARD TAIL

本日納期に遅れること約4ヶ月程で待望の トライアンフ リジットフレームとハードテイルが届いた。ろくに英語の読み書きが出来ないので、海外のサプライヤーとの取引では少しのトラブルでもエラく困る。今回もいくつかパーツ間違いなどがあったのだが、さすがに怒る気もしない。もしかしたら頼んだ物がきっちり届く日本の方がむしろ異常なのかもしれない。
それでもカッコイイフレーム達を見るとどうしても頬がゆるみがちになるのも事実。
さて当店では基本的にリジットフレームを推奨しているのだが、海外のビルダーはたいがいフレームの後半にこのようなハードテイルを取り付けてお茶を濁している。それでも最近はバランス良く仕上げられたバイクを多く見かけるが、やはり詰めは甘くならざるを得ないのが現実だ。
f0042676_232586.jpg

f0042676_2365960.jpg

ボルトオンで装着可能なので楽チンだが、見てのとおりリアタイヤの着く位置がこんなに違う。つまりこのままだと前上がりのバイクになるのできれいな直立エンジンが後ろに傾いてしまう。
リジットフレームももうチョイ寸法を手直しして最終形とする予定!
ハーレー屋さんが見ると不安に思うかも知れないほど貧相な造りだが、エンジンその他が軽いトラではぜんぜん大丈夫なのですよ。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-04 23:25 | ORIGINAL PARTS
<< SCORPIO RISING OUTDONE >>