SINCITY

遅ればせながらも、ようやく ”シンシティー” を観ることが出来た。 DVDではあるが、、、
ハリウッドでは’禁じ手’のダブルディレクターで撮影したこの作品、カットはやはり’ロドリゲス’節が呻りまくって最高だった。フランクミラーもいい仕事をしていると思う。もしロドリゲス一人で撮ってたら ’やり過ぎ’ で物語の体をなさなかっただろうし、ミラーだけなら ’ただただダーク’な映画で終わっていたような気がする。

さて内容はタランティーノお得意の複数のエピソードを時間軸をずらして劇的に組み合わせる’例の’手法だが、 テーマは一貫している。

「好きな女の為に’命’をはる!しかも勝手に、、、、」だ
まさにこれこそ純愛! 相手の気持ちなんか知らないけれど、「オメーの為だけにオレ戦う!それがオレのやり方!」 てな感じで、目先の敵を殺す、殺す、殺す! 爽快そのもの! 男たるものかくありたい、血が熱くなります!

全編モノクロで押し通したことは、評価が分かれるだろうが、悪くないと思う。 ランブルフィッシュの手法だろうが、画面の一部だけカラーが入ったりするんで、カッコ良かったしね。
f0042676_13171394.jpg




なんといっても復活したミッキーロークだな!顔だけじゃなく、声も面影が無かったが、いい役だった。 名前しか知らない娼婦の 「一宿一発の恩」 に報いるため、巨悪に立ち向かう’タフなエレファントマン’ てな役どころだが、もうエエ年だろうにがんばりましたねー!
感動したので、元の顔見たさに ”エンゼルハート” をたて続けに観賞した。 目が痛い、、、、
[PR]
by coremachine313 | 2006-08-21 23:56 | MOVIE
<< MONK PEAPLES >>