MAGAZINES

ニューオーダー チョッパーショーの模様が雑誌に載り始めました。
f0042676_23175030.jpg


VIBES では特にビルダーズチョイスによるチャンピオンを決定したことについて高く評価していただいた。 
結果は以前発表したとおり ’紫雲クラフトワークス’が栄冠を勝ち取った。 
一見「チョッパーっぽくナイ」感じもするがチョッパー屋がボンネビル最高速タイマーをイメージして製作した
’SALTY BONNIE’は車体、スピリット共に純然たるチョッパーであるので、身内びいきに思われるかもしれないが「当然の結果」だったと思う。
来年開催する場合(現時点では未定、もし開催のうわさを聞いたとしたらそれは’ホラ’です)さらにビルダーズチョイスを充実させて、チョッパーショーを「チョッパービルダーNo1決定」の場となるようにしたいと個人的には思っている。
f0042676_2314169.jpg


ではでは「チョッパーってなんやねん?」と問われたら、これが難題で一言に尽くしがたい問題であるが、
筆者の解釈では「走行に不要な部位を切り落とし、かつ自由を体現するかのごとく自らを際立たせるために操縦性を差し置いてでも好みの部品を取り付けた自動2輪」 てなお題目を各々が拡大解釈ありありで製作者または発注者が「チョッパーを、、、、」と想って造られれば、それでいいんではないかと思う。

そういう意味では今回カスタムバーニング賞を受賞した「メグトン」はあきらかにチョッパーでは無い!
どこからどう見ても「カフェレーサー」です。
当の亡き佐々木氏もまさか「チョッパーショー」なんぞに引っ張りだされるとは思ってなかったでしょう。  
ただカスタム車両として抜群の出来である上に「インディアンラリーのケイノ氏が受け継いだDNA」を紹介したかったので、あくまで’ゲスト’としてご参加頂いたしだいなのです。 
ビックリすることにこの車両に感銘をうけたビルダーも多く実は得票も多かったのですが。

そんなこんなで来年は1票取り目指してBUILD UP!!
[PR]
by coremachine313 | 2006-09-12 23:22 | CHOPPER SHOW
<< BORN LOSERS 業務連絡 >>