IRON HEAD

トライアンフツインは戦後アメリカ市場を狙ったモデル6T サンダーバード が49年にデビューします。
このエンジンの特徴ははそれまでのスピードツインを継承した鉄ヘッドにつきるでしょう!アルミヘッドに比べ小ぶりな外観と鋳造の丸みや質感はビンテージ然として独特の存在感をかもし出しています。
ハーレーではナックルやアイアンスポーツは鉄ヘッドです。
最終的に60年まで6Tでは使い続けられたのですが54年6TのスポーツバージョンであるTiger110デビュー用にマイナーチェンジされています。
圧縮比を7から8:1に上げるための熱対策としてフィンが1枚増えその分あつみが増しています。
ちなみにT110では2年後にはアルミヘッド化されます。


f0042676_1927568.jpg
今回イギリスから取り寄せたT110用ヘッド、エンジンが真っ黒で重厚な雰囲気!


f0042676_19271738.jpg
54年以前の6Tヘッドとの比較


f0042676_19272716.jpg
今回はこいつをユニットのケースに載せる予定!こんな遊び方も出来るというわけです。
後は好き嫌いの問題だけ!
[PR]
by coremachine313 | 2006-02-26 01:16 | ETC
<< THUNDERBIRD THE... STREET OF FIRE >>