カテゴリ:ETC ( 72 )

THUNDERBIRD

TRIUMPH 6T サンダーバード 1958
WILD ONE という映画でマーロンブランドが乗ってたのも6Tだが、これは後期のサス付き。
個人的にはトライアンフ歴代モデルで最も大柄なこのタイプは大好きだ。自分用なら間違いなくアップハンドルにするだろう。
ちなみに59年はボンネビルがデビューするが初期型のルックスはみな同じ(タイガー110も)。 違いは6Tが鉄ヘッド、110がアルミシングルキャブ、ボンネがツインキャブだ。 

f0042676_2013699.jpg


f0042676_20132858.jpg


f0042676_2014090.jpg

本来タンクバッジは1番有名なハーモニカタイプだが、オーナーの要望で初期型タイガー110ルックとした。
キャブも純正でなく、アマル392が付く。
おそらく前オーナーがメグロか何かのキャブに変更したのだろう。フェンダーなんかも年式違いだったりするが、、、
当店はチョッパー屋だがこういったオリジナルを留めているバイクをチョップするのは勧めない。 
どうせなら一から造った方がキマルんだから、わざわざ50年近く保ってきた風格を破壊する必要はないでしょう。 「もったいない!」と思うよ。 
だからいつもベース車はボロボロなのを選んでます!
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-12 20:36 | ETC

OUTLAWS

HELLSANGELSに次ぐビックモーターサイクルクラブ ’OUTLAWS’
DANNY LYON が撮ったこのフォトに彼らの全てが集約されている。 
これ以上彼らのことは分からないし知りたくも無い。 
ただこんなにクールでクレイジーな生き方をしている奴らがどこかに間違いなく存在していると判っただけで血が熱くなるではありませんか。 それで十分だと思う。

f0042676_237969.gif



f0042676_2372752.jpg



もちろんエンジェルズが果たした役割は十分に評価されるべきだろう。
彼らの存在なくしてアウトローバイカーという価値観が世界に受け入れられることは無かっただろうから。
ただ彼らにまつわる情報が多すぎるので存在に生身さを感じるのもまた事実。

少なくとも筆者は ’アンチヒーロー’である彼らの背中に「予定調和の管理社会を突き崩す解放者」の影を見たいのだと思う。
オビーワンよりもダースベーダー、キカイダーよりハカイダー、きん肉マンよバッファローマン、ケンシロウよりラオウ。 
あげだしたらキリが無いが、とにかく’悪’に心惹かれ、裏返しに’真の正義’を見ようとしてしまう。
もちろん法治国家に籍を置く以上、法の外で息をすることなどは不可能だが、スピリットぐらいは共感してもバチはあたらないだろう。
結局のところ 「カッコつけたい」 だけの話なのだが、カッコイイの裏側に理由や思想があってほしいと望んでいるワケです。


とかいいながらもパソコンで検索してしまう意思の弱い俺がいた。
http://www.outlawsmc.com/index1.htm
画像はここから拝借しました。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-10 23:14 | ETC

MAGAZINE

英車の専門誌って無いでしょ。 
なぜかははっきりしているそうで、すなわち 「売れない!」 からだそうです。 
それでもこんな「誰が読むねん!」てな英車ネタのために積極的に誌面を割いてくれている雑誌はいくらかあります。
バイカーズステーション、クラブマン、別冊モーターサイクリスト、ライダーズクラブ、ストリートバイカーそしてハードコアチョッパー。
バイク屋始めるまでは、割と雑誌を購読してたので、発売日が楽しみだったものです。
f0042676_20505148.jpg


ハードコアチョッパーが刊行されてなければ、当店は今の形態で運営することは出来なかったであろう。
英車チョッパーなんてゲテ物を本気で扱う雑誌なんか無かったからね。
今回オススメしたいのは’バイカーズステーション’ ここの特徴は本気でメカニカル部分の解説をしているところ!
この辺は機械が好きな人なら分からなくても楽しいハズ。
メインは内外のビックバイクだが、クラシックも扱うしサンダンス、ホットドックの特集なんかもやっちまう。
今はわからないけど、10年程前はハーレー特集すると売れない!と記者の人が言っていた。



f0042676_2051279.jpg

今月はイギリスのバイク博物館の特集 ブロー(ブラフ)シューペリアは’アラビアのロレンスが乗っていたので有名!この雑誌の解説は詳しくて分かりやすい。
最新からレトロまで機能、構造を知ることは想像力を掻き立てる’鍵’ともなるので重宝する。
思うにチョッパーはルックスに力点を置くので、主観で語らざるを得ないが、当然これは普遍的では無いし、言葉に置き換えきれない物なので、記事を作るのは大変だろう。
変わったバイクに乗る人はこんな’本気雑誌’を2~3種押さえておくべきだと思う。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-09 21:30 | ETC

TRITON

TRITON-トライトン  ちなみにこんな名前のメーカーも車種名もありません。
これはトライアンフエンジンをノートンのシャーシに載せたバイクの俗称です。
おそらく50~60年代のクラブマンレーサー(草レーサー)が作ったのが大流行してしまい専門店まで出来てしまったのでしょう。
BSAエンジン搭載でNORBSA(ノーブザ)などなんでもあり。それだけノートンのフェザーベッドフレームは優秀だったと言えます。
なにしろ現在のチューブラーフレームのお手本ですから。
さらに言えば、英国の戦前のバイクメーカーは自社の車体にエンジンメーカー(JAPなど)、ミッションメーカーから供給された物を搭載するのが一般的だったので、土壌的にエンジンスワップなどに違和感は無いお国柄なのでしょう。
このノリは筆者のチョッパービルドでも影響を受けています。

f0042676_2142610.jpg

オーソドックスなトライトン スリムラインフェザーベットに別体トラ650エンジン、ミッション


f0042676_2143379.jpg

VINCENT 1000ccエンジン搭載の NORVIN ノーヴィン

f0042676_2145344.jpg

ハーレーでも載せちゃうぜ!!!こいつは感動物の1枚。
95年のヨーロッパのカスタムショーだが、なにしろエンジンが凄い。
おそらくWL系のクランクケースに正体不明のシリンダー(スポーツスター?)にヘッド、両方フロント用でヴィンセント的エキパイ取り回し。
ミッションはノートンAMC。
ワイドラインフェザーベットはおそらくMANX用!恐ろしく手が込んでいる。これ造った人には ’サー’の称号をあげてほしい。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-08 21:23 | ETC

HAND TOOL

日本はミリ規格に統一してるので、ネジもミリネジ(M6、M12とか表示します。)です。
ハーレーを乗る人はネジが違うのでインチ工具が必要になります。
そして英車を触るためには、さらにイギリスインチ用の工具を持たなくてはなりません。
当然当店にも3種類のスパナ、ソケットのコマを用意しています。

ミリネジ、インチネジは同じ太さに対してたいてい2種類のねじ山を用意されていますが、イギリスインチは7種類以上の規格があるから大変です。
(BA,CEI,BSW,BSFなど) だから英車の場合はずしたネジをどこの物だったか記憶しておく必要があります。

当店のバイクはチョッパーベース車が多いのでネジが混ざっている事もしばしばあるし、車体関係では必要が無ければミリネジも使います。
インチネジ代は高いですからね。(品質は変わらない)
当時物のネジはメッキが現在とは違うなど、結構奥が深いので調べだしたらキリが無いのですが、とにかくスパナ3本も使い分けるのは 「面倒くさいです!」 と言う事が言いたかったのです。

f0042676_2158190.jpg

イギリスインチはWhitworth(ウィットワース)と呼ばれている。人間とはエライモンで毎日触っていると見ただけでネジの種類がわかるようになってくる。
でも怠けてたら、勘が鈍るので悲しい思いをしたりもする。

f0042676_21581319.jpg

ちなみに+ネジも2種類あるの知ってました?。
下が一般的なフィリップス、上が英車に多いポジドライブ。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-07 22:11 | ETC

PATENT PLATE

英車に限った話ではないが、バイクはいたるところにメーカー名の刻印されてたり、マークが印字されてたりして、マニアでなくても見ていて楽しい。
国産メーカーは残念ながらマークそのものがよろしく無いので見たら興ざめしてしまう。
例えば’NISSIN'のブレーキなんか性能がいいし使ってみたいのだがエンブレムがカッコ悪すぎて使えない。
このダサさはもはや’罪’とまでいえる領域だ!
その点 TRIUMPH は良く出来ている。

f0042676_2022040.jpg


エンジン中央に燦然と輝くエンブレム!素敵ですねー。 
プラダのパクリでは無いので安心してください。

f0042676_2023738.jpg

50年代までは、真鍮プレートでゴージャス! これはレプリカが無いしきれいに取り外すのが難しいのですよ、、、
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-06 20:14 | ETC

OUTDONE

英国車が没落するきっかけは1969年のHONDA CB750のデビューそして同車のDAYTONA200での勝利 からだと思われます。
その少し前からホンダがビックバイク市場に参戦するという情報は英国まで流れていたそうだが、事態を軽視したメーカーはたいして手を打たずに時代に取り残されていくわけです。
さて以前柄にも無く「ヨシムラ 50周年記念」のムック本を購入したのだが、巻末のヨシムラ関係のレースリザルトで71年デイトナ200ではBSAとトライアンフが表彰台を独占!しているのが確認できた。
当時兄弟会社のBSAとトライアンフは3気筒のレーサーを開発しており、これらには、あのヨシムラCB750さえもが後塵を拝したというのだから、英車党としては誇らしい話である。
でも、よーく読むとそのレースではリタイアするまでヨシムラ車が独走で、さらにその後にポップ吉村はあの世にも有名な ’集合管’ を発明するのですよ。 
こうなったら旧式OHV車の出る幕なんざどこにも無く、なおかつ会社もお家騒動で市販車さえろくに生産できない始末となり徐々に消滅していくわけです。 
切ないですねー、今後OHVバーチカルツインのエギゾーストサウンドを聴くときには諸行無常を感じてください。
f0042676_2357754.jpg


トライアンフ最後のど根性 トライデント750 フレームはロブノース。 
非力は軽さと低さでカバーだ! 

f0042676_23592929.jpg

ほんとに勝ってるでしょ!73年にはZ1が出てるから、もう駄目ダメ、、、、
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-04 00:13 | ETC

LIVE TO RIDE

暗黒面に落ちてこのかた外部から刺激を受けることはあっても、影響されるようなことは全く無くなってしまった。ことチョッパーに関してはたまに紹介している映画関係からの影響が筆者のバイクビルドの根幹をなしているので雑誌媒体からはディティール面での刺激に留まっている。
でも例外的に脳裏に焼きついて離れない誌面がいくつかあるので紹介したい。
f0042676_1534552.jpg

81年のスタージスにて、渋すぎるし汚すぎる。だいたいこの人仕事してんのか?それがアメリカなのか?
74スプリンガーを延長してたり、ひそかにリアはディスクブレーキだったり、車用の発電機つけてたりと当初は気合いいれてカスタムしてたのだろう。ロングフォークで16インチリム、ばかでかいライトなどこの人だから許されるルール無用のセットアップ!
f0042676_1535798.jpg

時は流れて13年、おっまた来てる!さすがに老けたよ、バイクは進化せずに相変わらずの汚さだ。

f0042676_153520100.jpg

誰か今年のスタージス行ってこの人まだ元気か確認してきてください!
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-01 16:10 | ETC

JACKET

この冬1番のお気に入り!
おなじみ’サイコホイールズ’ プレゼンツのこのジャケット。普段ブラックばっかのローテーションの筆者にとっては相当「冒険!」したカラーリングなのだが、なんか’イイ’のですよ。もう冬も終わるけど、こいつは何年でも着れる造りなので、買って後悔しない指数100オーバー!!! 
f0042676_1912235.jpg

f0042676_19132133.jpg

f0042676_19194860.jpg

裏地までこの凝りよう! サイズ S,M,L 32000円(税込み) 黒に白エリバージョンはS,Mのみ1着づつ在庫あり
[PR]
by coremachine313 | 2006-02-28 19:30 | ETC

THUNDERBIRD THE BOBBER

Nomad党のコーネル Looser ATARI の愛機 6T サンダーバード ’暴力ボバー’
とにかくよく走る彼が走りに徹するため余計なものをそぎ落としていった結果現在の形に至る。彼にはチョッパー志向は全く無いし、むしろそれを否定しているきらいさえある。それでも日本では気品あふれる存在のはずのトライアンフがこうもダーティーな仕上がりとなったのはやはりヤツの人間性-パンク魂の根底に流れる破壊衝動-のなせる業であろうか、、、
f0042676_2213254.jpg

f0042676_2214697.jpg

シートはブローシューペリア型、サイレンサーはもちろん手作り、まさに’ボバーの鑑’
昨日紹介した鉄ヘッドに110仕様のエンジンパッケージ、点火は三菱、発電機はオルタネーターとかなりモディファイされている、当然速いし、ヤツの走りも過激!!!
[PR]
by coremachine313 | 2006-02-26 22:12 | ETC