<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

THEORY OF CUSTOM 

バイクはカッコいいのにね~なんて話よく聞きますよね。結局乗り手にマッチしてなければいくら金かけても報われないのですよ。
f0042676_2235246.jpg

オーナーが跨ると、、、、なかなか良いでしょう

f0042676_224513.jpg

ワシが跨ると、、、、お、おかしい!

f0042676_2295056.jpg

以前走ってみた時の図   カッコ悪いぜ!

f0042676_22111390.jpg

でもオーナーが跨ると、、、いいじゃん! だんだん腹が立ってきた!!!!!

そう今回は乗り手の体形がぜんぜん違うし、ファッションも正反対。筆者の体形はひょろながで服はタイトなのが好きなのだが、おそらくショートチョッパーはこういう人には似合わないのでは?と結論づけてみました。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-28 22:20 | CUSTOM WORK

ROCK'N' MOVIE

'AMERICAN WAY'
BEST OF '80s B' と筆者がひそかに標榜するこの作品、主演は デニスホッパーだ!
ホッパーといえば 「地獄の黙示録」、「ブルーベルベット」、「スピード」、「スーパーマリオ」そして「イージーライダー」 などなど強烈な映画に重要なキャラで多数出演しているのだが、意外と主演は少ない。

この映画のすばらしい点はメチャクチャ面白いのに後世になんの影響の与えていないし、信者もあんまりいない、つまり ’カルト’ では無いところだろう。 余談ではあるが80年代はバカロック映画がホント多い、「レポマン」「メン アット ワーク」「地獄のデビルトラック」、、、、、全部エミリオ エステベスじゃん!  最近はCGとかのおかげでB級でも立派に見えてしまうのであろうか?

さて内容だが ベトナム戦争終戦後も退役せずにキャプテン(ホッパー)以下8人のクルーがB29爆撃機で「空飛ぶ海賊テレビ局=SMTV」を」開設!全米を飛び回り、戦時に習得した「心理作戦」を応用して、テレビの電波ジャックを行なっていた。 ある日次期大統領選に出馬するタカ派女性候補の演説を見たキャプテンは彼女に将来の危険性を感じ、自局で彼女の落選キャンペーンを行うと宣言!これはペンタゴンの怒りを買い、米軍と戦うハメになる、、、、といった内容だが、とにかくバカ!
低予算なので空中戦の模様もレーダー上のみ!と情けない映画だが、全編ジミヘン、アリスクーパーなど60’sロックがガンガン流れ、あなたのハートを熱くします!
f0042676_15244272.jpg

こんな感じにごらんのチャンネルの画像が切り替わり、、、

f0042676_15245094.jpg

こんなことばっか言ってて、、、

f0042676_15251080.jpg

’ROCK'N'ROLL CONTROLS'  さすがキャプテンはいいこと言いますね! 座右の銘とさせていただいてます。


関係ないですが ロブゾンビ先生の映画がもうすぐ完成するようです。今度は期待大!
http://www.thedevilsrejects.com/main.html
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-25 15:41 | MOVIE

LOOSERS FOREVER

ええ年こいてモーターサイクルクラブに入っていたりする。
筆者の親友であるS/H氏が設立したこのクラブ。 
スタイル、理念は多分に米国の老舗クラブの影響を受けている以上、非常にダサい!!!  
おそらくチョッパー好きの人でさえ受け入れ難いのではなかろうか。  
しかしこんな絶望的な’ダサさ’の向こうにこそ’目指すべき世界’を垣間見る思いがする、そんな日に限って見つからない靴下、、、、

バイカーはファッションなんかでなく、ライフスタイルでありたいと願うS/H氏は自身のホームページにて啓蒙活動の一環としてあることを呼びかけている。
それは、廃盤となった’ヘルズエンジェルズ’達を撮影している写真集の再販を訴えるというもので、それはパソコンのある環境にある人なら誰でもできることなので、ぜひ参加してほしい。
写真集の再販はかなり難しいそうだが、やる意義はあるだろうし、こんな本はいくらでもほしいと思う。
http://www.nomad-loosers.com/ask2.html


f0042676_22232752.jpg


f0042676_22234827.jpg


f0042676_2224293.jpg

長濱治 「地獄の天使」


チョッパーを語るにおいてヘルズエンジェルズをはずすことは不可能だろう。
それだけ彼らの存在が世に与えた影響は大きい。

この写真集ではニューヨーク支部でのカットばかりだが、やはりビジュアルから訴えかけてくるものは大きい。

なによりもルーツを知らなければ流行に惑わされるだけで、本当のモノを見る目は養われない。
単純に「見て損はない」ということです。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-22 23:08 | ETC

SHOWTIME

’NEW ORDER CHOPPER SHOW in KOBE’


8月13日 日曜 神戸ポートターミナルホールにて 日本初のチョッパーONLYのカスタムバイクショーが開催されます。 
ベテランパンクバンドの再結成ライブではありませんのでご注意ください。
ここ20年の日本でのチョッパーシーンの発展は目覚ましく、90年代にはたびたび訪れたブームをへて、ようやく定着してきた感があります。
さらには新旧の各ショップの活躍もあって、古くはアメリカンでくくられてきたこのジャンルもすでにジャパニーズスタイルを確固として確立されていると考えます。
ここにきて全国のチョッパービルダーが己の技術、センス、思想を込めたカスタムバイクと共に一同に会し、主張する場を設けることは意義があると思いますし、その機会をつくれる事も名誉なことだと考えています。

願わくは1店でも多くのSHOP・ビルダーが参加して頂けたら、そして多くのチョッパーファンの方々が来場して頂けたら、と考えています。


f0042676_1704668.jpg

巨匠の筆も唸る!



首謀者は筆者の他に謎のフィクサー約4名で運営します。
詳細が確定するまでにあと一月程かかりそうですが、、、お楽しみに!


ホールの地図はこちら http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=34.40.51.060&el=135.12.13.586&la=1&sc=3&prem=0&CE.x=244&CE.y=197
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-18 17:21 | CHOPPER SHOW

NO MORE TAX

昨日今日と仲間の革命分子と糾合して神戸税務署にてテロルを敢行しようとしたのですが、
バイトのお兄さんに「あなたは明石税務署が管轄ですよ」とやさしくたしなめられてしまった。
未だ革命ならず、、、、

f0042676_1774723.jpg


我が相棒のコンバット ジョー山中氏
神戸震災時に割れたメットが痛々しい。
f0042676_178095.jpg


マスクの奥に光る鋭い眼光! ?と思ったあなたは両津勘吉氏では? そう彼はアメリカ人なのです。
当時人形と制服が別売りしてたので、男前な米兵人形をチョイスしました。
すなわち彼はスパイだったのですよ。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-15 17:31 | ETC

ANGELS from HELL

今週の 「友達にはオススメ出来ないシネマ」 のコーナー
’地獄のライダー 血の暴走’ やる気ビンビン感じるでしょー、ホラーではありませんよ。
トム スターンが主演ですが、この人’Hells Angels 69(爆走!地獄のライダー)’ でも主役の兄弟を演じてます。
内容は、、、、
見どころは、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

でもね、なぜだか知らないけど、あの ’Von Dutch’ がクレジットの絵を描いてるんですよ。
ほんの少しだけですが救われたワタシ。
f0042676_17305959.jpg
f0042676_1731983.jpg

このポリスいいでしょ。
f0042676_17312160.jpg

クラブのアジトもこんな感じ、居心地悪そー!
f0042676_17313153.jpg

なぜか挿入歌はこんな感じで無理矢理内容に添わせた安っぽい歌。悪寒が走るー。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-13 17:58 | MOVIE

THUNDERBIRD

TRIUMPH 6T サンダーバード 1958
WILD ONE という映画でマーロンブランドが乗ってたのも6Tだが、これは後期のサス付き。
個人的にはトライアンフ歴代モデルで最も大柄なこのタイプは大好きだ。自分用なら間違いなくアップハンドルにするだろう。
ちなみに59年はボンネビルがデビューするが初期型のルックスはみな同じ(タイガー110も)。 違いは6Tが鉄ヘッド、110がアルミシングルキャブ、ボンネがツインキャブだ。 

f0042676_2013699.jpg


f0042676_20132858.jpg


f0042676_2014090.jpg

本来タンクバッジは1番有名なハーモニカタイプだが、オーナーの要望で初期型タイガー110ルックとした。
キャブも純正でなく、アマル392が付く。
おそらく前オーナーがメグロか何かのキャブに変更したのだろう。フェンダーなんかも年式違いだったりするが、、、
当店はチョッパー屋だがこういったオリジナルを留めているバイクをチョップするのは勧めない。 
どうせなら一から造った方がキマルんだから、わざわざ50年近く保ってきた風格を破壊する必要はないでしょう。 「もったいない!」と思うよ。 
だからいつもベース車はボロボロなのを選んでます!
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-12 20:36 | ETC

BONNEVILLE T140

22才だったか、ともかく裏通りのやる気の無さそうなチャリンコ屋で見かけたのが事の始まり。
当時はトライアンフってパンクスの必須アイテムのバックルでしか認識してなかったもんで、それが本物かどうかさえ判らなかったんだけれども、とにかく手に入れたワケです。
ノーマルのおっさん臭い形で長いこと乗ってたけど、どうしてもチョッパーが欲しくてトリニティースクールに入学することにしたはいいが金がないので友達に引き取ってもらった。
そんな彼が今日珍しくやって来たので写真をとってみました。
f0042676_23274811.jpg

f0042676_2328456.jpg

f0042676_23281425.jpg

5年くらい前にこの形になって一昨年ペイントついでにGRIMBさんにラインを入れてもらった。
78年T140E750cc ノーマンハイドのハーフレースカムで暴力的フィーリング
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-11 23:30 | CUSTOM WORK

OUTLAWS

HELLSANGELSに次ぐビックモーターサイクルクラブ ’OUTLAWS’
DANNY LYON が撮ったこのフォトに彼らの全てが集約されている。 
これ以上彼らのことは分からないし知りたくも無い。 
ただこんなにクールでクレイジーな生き方をしている奴らがどこかに間違いなく存在していると判っただけで血が熱くなるではありませんか。 それで十分だと思う。

f0042676_237969.gif



f0042676_2372752.jpg



もちろんエンジェルズが果たした役割は十分に評価されるべきだろう。
彼らの存在なくしてアウトローバイカーという価値観が世界に受け入れられることは無かっただろうから。
ただ彼らにまつわる情報が多すぎるので存在に生身さを感じるのもまた事実。

少なくとも筆者は ’アンチヒーロー’である彼らの背中に「予定調和の管理社会を突き崩す解放者」の影を見たいのだと思う。
オビーワンよりもダースベーダー、キカイダーよりハカイダー、きん肉マンよバッファローマン、ケンシロウよりラオウ。 
あげだしたらキリが無いが、とにかく’悪’に心惹かれ、裏返しに’真の正義’を見ようとしてしまう。
もちろん法治国家に籍を置く以上、法の外で息をすることなどは不可能だが、スピリットぐらいは共感してもバチはあたらないだろう。
結局のところ 「カッコつけたい」 だけの話なのだが、カッコイイの裏側に理由や思想があってほしいと望んでいるワケです。


とかいいながらもパソコンで検索してしまう意思の弱い俺がいた。
http://www.outlawsmc.com/index1.htm
画像はここから拝借しました。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-10 23:14 | ETC

MAGAZINE

英車の専門誌って無いでしょ。 
なぜかははっきりしているそうで、すなわち 「売れない!」 からだそうです。 
それでもこんな「誰が読むねん!」てな英車ネタのために積極的に誌面を割いてくれている雑誌はいくらかあります。
バイカーズステーション、クラブマン、別冊モーターサイクリスト、ライダーズクラブ、ストリートバイカーそしてハードコアチョッパー。
バイク屋始めるまでは、割と雑誌を購読してたので、発売日が楽しみだったものです。
f0042676_20505148.jpg


ハードコアチョッパーが刊行されてなければ、当店は今の形態で運営することは出来なかったであろう。
英車チョッパーなんてゲテ物を本気で扱う雑誌なんか無かったからね。
今回オススメしたいのは’バイカーズステーション’ ここの特徴は本気でメカニカル部分の解説をしているところ!
この辺は機械が好きな人なら分からなくても楽しいハズ。
メインは内外のビックバイクだが、クラシックも扱うしサンダンス、ホットドックの特集なんかもやっちまう。
今はわからないけど、10年程前はハーレー特集すると売れない!と記者の人が言っていた。



f0042676_2051279.jpg

今月はイギリスのバイク博物館の特集 ブロー(ブラフ)シューペリアは’アラビアのロレンスが乗っていたので有名!この雑誌の解説は詳しくて分かりやすい。
最新からレトロまで機能、構造を知ることは想像力を掻き立てる’鍵’ともなるので重宝する。
思うにチョッパーはルックスに力点を置くので、主観で語らざるを得ないが、当然これは普遍的では無いし、言葉に置き換えきれない物なので、記事を作るのは大変だろう。
変わったバイクに乗る人はこんな’本気雑誌’を2~3種押さえておくべきだと思う。
[PR]
by coremachine313 | 2006-03-09 21:30 | ETC