<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

JOE STRUMMER

f0042676_22153928.jpg


ジョーストラマーが死んだと知ったその晩、どうしたらいいか分からなかったので、とにかくバイクに乗ることにした。 ROCK THE CASBAHのフレーズが針飛びのように脳内をぐるぐる回って止まらない、本当はCLASH CITY ROCKERSを歌いたいのに、、、その時乗ってたT140はものすごくボロくて調子は1番良かった。 やはりジョーの声を聞きたくなったので知り合いのバーに押しかけてクラッシュを聴かせてくれといったらマスターは「今日はそればっかかけてたからもう飽きた」とつれない返事。悲しかったが、若いお客さんがコンパをしててなぜか仲間に混ぜてくれたので機嫌はすぐ直った。4年前のクリスマスイブの出来事。

今日はそのジョーの晩年のドキュメンタリー 「レッツ ロック アゲイン」 を見てきた。
2年前に製作されるも著作権でもめたらしくお蔵入りになってたそうだ。
てっきり薬なんかでくたばったのかと思っていたが、心臓病だったという?
東京公演などライブとプロモーション、インタビューなどがこ気味良くスクラッチされており、正直 「かなりシビレタ!」
楽曲自体はそこそこのロックだが、やはりボーカリストとしてはジョーストラマーは偉大だ。ホントかっこいい!!!サービスもいい!だってロンドンバーニングなんかまで演るんだから!ニューヨークではストゥージーズの1969も演ってて、客にジム・ジャームッシュ、マット・ディロン、スティーブ・ブシャミンなどの顔が見られた。
ジョーは言う 「みんな押し付けられたものばかり買うのはやめにしようぜ!自分で本当に欲しいものを見つけるんだ」 と、 音楽も服もバイクもなにもかもそうであるべきだと、おおいに頷いた。



パンクロックを発明したのは間違いなくセックスピストルズだが、そのムーブメントは当時イギリス社会が抱えていたジレンマの副産物と言えるだろう。万年不景気、慢性的インフレ、格差社会に嫌気をさした若者達のやり場の無い怒りや、絶望感に火がついたのが70年代中盤、ロンドンでスパークし世界が燃焼した!
その少し前BSAグループは破産状態にあったが、74年に労働党政権となりトライアンフは政府の支援でかろうじて生き残る。それでも会社を立て直すまではいたらず79年の「鉄の女」サッチャー率いる保守党の政権奪取によりトライアンフ再建の道は閉ざされる。

ともかくパンクは生まれトライアンフは死んだ。

両者を愛する者としては複雑だが、それで良かったと思う。もしその後トライアンフが存続したとしても、筆者が望むような進化は期待できない。後半のT140系や試作車のスタイルは正直つらい、、、しかしパンクの流れを汲むサウンドは現在でも生き続けているではないか!

クラッシュほど今だに多くに人々にインスピレーションを与え続けているパンクバンドは無いだろう。 ミックジョーンズが抜けるまでの5枚のアルバムには名曲がぎっちりつまっている。
とかいいながら実は本当にクラッシュを好きになったのは20歳を超えてからだった。その前は、サウンド的にもビジュアル的にも尖っていたダムドや多くのハードコアに惹かれてたりしてたのだが、ある日ビデオクラッシュのロンドンコーリングのPVを見て考えが変わった。
以来つねにヘビーローテーションで聴き続けている。

もし あなたがクラッシュで1曲でも好きな歌があるなら、この映画は見たほうがいい。
もちろんオチのある映画では無いがラストのクレジットが流れる頃には、背筋がぞくぞくするはずだから。 
f0042676_22501640.jpg

[PR]
by coremachine313 | 2006-04-26 23:59 | MOVIE

EVEL KNIEVEL

イーブル・クニーブル (イーブルニーブルと発音するらしい)
バイクスタントのジャンプ最長距離記録をうちたてた人物だが、彼の伝記映画 「キャプテン・アメリカ」 と本人が登場する 「闘士たちの最後」 など数作あるらしい。
70年代前半にハーレーなど重たいバイクで、よくもここまで!と感心するが、とにかく飛びまくり、何度も死にかけている。
彼も凄いが、このいわば「自殺ショー」がアメリカではエンターテイメントとして立派に受け入れられているところがビックリする。 日本では死亡事故など興行としてはもってのほかであろう。 おそらく日米では「生」に関する倫理観、価値観が全く違うのではないか? ちなみにロンドンでのジャンプ時は観客からは「命がけのジャンプ」に否定的なコメントが多かった(じゃー見に来るなよ!とツッコミを入れたいが)
彼はジャンプで6500万ドル稼いで、すっかり使い切ったと言っている。 まさにアメリカンドリームを体現している。 
こんな生き方する根性もないし、したくもないが、こんな人にもチャンスがあることは素晴らしいと思いませんか?

f0042676_1810475.jpg

ジャンプ失敗inラスベガス 着地でノーズダイブしそのまま吹っ飛ぶ。最後はトライアンフにのっかかられる!この後30日間昏睡する、、、、
f0042676_18102037.jpg

残りの50%がオレの味方だ!といってるが、、、やはりアメリカ人!命の賭け方が恐ろしい。
f0042676_18104130.jpg

86年、48歳のイーブルのインタビューがちりばめられているが、本気でイッちゃってる人の凄みは強烈! 一度見てください。
[PR]
by coremachine313 | 2006-04-10 18:48 | MOVIE

GEAR

暖かくなりましたねー。いよいよシーズン到来です! が、久しぶりに乗り始めると、そこは旧車、「うそーん」と絶叫するような壊れ方をする人もちらほら、、、、、ナームー、、、、

今回は4速である一定以上のスピードが出るとギアが抜ける!とのことで、ギアボックスを開けてみると
f0042676_16374357.jpg

メインの4速の中の砲金のブッシュがこなごなで、相方のレイシャフトの4速がボロボロに
f0042676_16375629.jpg

原因が不明なのでたまたま持ってた同型のミッションに積み替え。こいつは戦前物だが、350ccでも500ccと同じ物みたい。
あけてみるとレイシャフトの4速のみちびていた、ひょっとするとこのタイプのウィークポイントかもしれない。
f0042676_16381324.jpg

最初はユニットのギアが使えると思ってたけど、無理でした!
650cc専用ともなるとギアもだいぶ厚くなっている。別体の後年式とも比べてみたいのだが、、、
でも新品で初期型を組むとフリクションは少ないかもしれない?
[PR]
by coremachine313 | 2006-04-09 16:52 | CUSTOM WORK

SACRED GRAND OF CHOPPER

自動二輪のサンディニスタ ’NEW ORDER CHOPPER SHOW’


f0042676_2272029.jpg
 
筆聖 ’卍狂徳’ 師作



ジャパニーズチョッパーの「新しい秩序」を創造すべく多くの方々のご参加をお願いします。
[PR]
by coremachine313 | 2006-04-07 22:43 | CHOPPER SHOW

NON IDEA

なぜかデゴイチが’デン’と鎮座されていらっしゃる。
おそらくそのうち銀河鉄道として現役復帰するであろうこの車両だが、当店から神戸駅まで約100メートルそこらの距離を高架沿いに歩いたところにおもむろに展示されてるのだが、周辺の景観など総合的に見ても「全く関連性が無い」 意味が分からない。
なぜここに?
ところが神戸はこういった理解に苦しむ風景がちらほらと点在している。
変に西洋かぶれした町なのでおかしな事考える人が多いんだろう、、、と勝手に納得している。

が、やはり旧車!じっくり見たらカッコよろしい。数分立ち止まって感心してたから、道行く人に「あらやだデンちゃんだわ」などと気持ち悪がられていたかもしれない。

でもさらに数分細部の留め金などの細工を観察してたのだが、やはり「日本人」が造ったものらしい!質実剛健ながらしゃれっ気、伊達っ気を全く感じさせない、そこには機能のみがストレートに表現されているように筆者には見えた。
それでもいいんだけど、今日のデゴイチさんからはインスピレーションはいただけませんでした。

外車も見たいなー
f0042676_19554465.jpg


退役後もホームレスの雨宿りとして重宝されている!がんばれ!
f0042676_1956156.jpg


この辺をじろじろ見てたわけです。
f0042676_19562424.jpg


そのうち早朝とかに乗り込んでやろうと思ってます。
[PR]
by coremachine313 | 2006-04-06 20:02 | ETC